創薬等先端技術支援基盤プラットフォームについて

研究支援を希望される方へ

創薬やライフサイエンス研究を支援する「創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)」が、AMED「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」の一環として2017年4月1日から始まりました。

本事業では、優れたライフサイエンス研究の成果を医薬品等の実用化につなげることを目的として、放射光施設(SPring-8、Photon Factory)、クライオ電子顕微鏡、化合物ライブラリー、次世代シーケンサーなどの大型施設や装置を整備・維持し、積極的な外部開放を行います。また、構造解析、タンパク質生産、ケミカルシーズ・リード探索、構造展開、ゲノミクス解析、疾患モデル動物作出、薬物動態・安全性評価、インシリコスクリーニングなどの技術を有する最先端研究者の参加協力により、外部研究者の研究推進を強力に支援します。

新着情報

2020.01.30
Nrf2活性化によるアルツハイマー病改善作用の解明~酸化ストレスや炎症を標的とした新しい治療法に向けて~ 論文
2020.01.24
分子の立体構造が明らかにする血圧調節の仕組み―少しの違いで大違い― 論文
2020.01.10
すい臓がん細胞の転移を促進するスイッチを発見ーBACH1タンパク質の機能上昇によるがん転移の惹起― 論文
2019.12.27
免疫細胞が異物を取り込む装置形成の仕組みを初めて解明―免疫反応の抑制など医療応用に期待― 論文
2019.10.18
光合成で“ゆがんだイス”型の触媒が酸素分子を形成する仕組みを解明―人工光合成触媒の合理的設計の糸口に― 論文
2019.09.04
イブジラストに抗がん剤の副作用(筋萎縮)軽減効果!―既承認薬の適応拡大に期待― 論文
2019.08.07
ウシの疾病に有効となる抗ウイルス効果の確認に成功―牛白血病などの新規制御法への応用に期待― 論文
2019.07.30
褐色を呈する光化学系Ⅱ-集光性色素タンパク質複合体の立体構造を解明―光合成生物の進化と多様化を解明する糸口に― 論文
2019.07.12
環境化学物質によるタンパク質脱イオウ化が心不全リスク増大の原因に!―心不全の新たな予防・治療薬の開発に期待―
2019.06.24
巨大な集光アンテナをもつ光化学系Ⅰの立体構造を解明―太陽光エネルギーの高効率利用に前進― 論文