内部向けお知らせ

【重要】PDISから継承している支援研究について

「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」(BINDS)にご尽力いただき、誠にありがとうございます。支援件数も 2000 件を超え、多くの成果が創出されている事、大変嬉しく思っております。

BINDS は本年度(令和 3 年度)で最終年度となります。

支援課題の中には、前事業 PDIS からの継続となっている課題が 188 件ございます。

こうした 2 事業に渡って継続した支援課題については、これを機に見直しをお願いいたします。

今年度(BINDS 期間内)で支援終了にするか、研究継続を希望される場合には、共同研究への移行等を検討してください。

令和 4 年度以降に後継事業が立ち上がり、新たに補助事業代表者(支援実施者)として採択された際に、BINDS での支援の継続希望がある場合には、支援継続の可否について厳正な審査を行いますので、どうかよろしくお願いいたします。

ご不明点、ご相談等ございましたら、20-ddlsg-16@amed.go.jpまでご連絡ください。

何とぞよろしくお願い申し上げます。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

創薬事業部 医薬品研究開発課 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)担当